会いたいとアピールしないのが継続関係の秘訣

Hトークしてる相手と相性が良くて何回か遊ぶことはよくあります。しかし数ヶ月単位の長期継続って案外むずかしいんですよね。

その理由が男性側が「相手と実際に会うことを求める」からなんです。

男性はすぐ会いたがるのですが女性はHトーク好きで相性が良い相手だとしても会話だけの関係を好む場合が多い。

あくまで欲求処理の為だったりよく知らない男性と相対するのは苦手、怖いという理由がほとんどです。

だからちょっとでも会いたいと言われたら面倒くさいことになりそうだからその前にスッパリ切ってしまうんですね。だから気に入って長続きしたいようなタイプの女性とは会いたいアピールは厳禁。全てが水泡に帰します。

ただしこの「会う気がない」タイプというのは絶対に会わないという場合と親睦を深めたら気変わりする場合があります。

前者は完全にラインを引いていてまず会えません。後者の気変わりするタイプはエッチの相性ではなく安心できるか否か、会話して楽しいかなど人間性を見て良さそうなら会ってもいいかなと変化します。根底にあるのは警戒心の有無なのでガツガツするのはNG。

会う気がない人と会うというのは男が思ってる以上に女性にとっては敷居が高く、何度もHトークして相性もいいからと思って会おうとするのは得策ではありません。性欲以上に身を守る意識を女性は持っているからです。

女性側が自分から楽しそうに会話を振って来たり話すのを楽しみにしている素振りが見えたら誘うようにしましょう。

テレホンセフレを作るために意識する大事なこと

テレセフレがいるとAVやエロ画像をみるよりも気持ちいいオナニーできるので便利です。普通のセフレと違ってlineやスカイプで常時オンライン状況がわかると電話やスカイプでいつでも相手の都合さえ合えばできる手軽さが人気です。

そんなテレセフレを作る時に大事なことというのは相手を気持よくさせること。

当然のことですが男性の多くは自分が気持ち良い=相手も気持ちいいと思って満足してしまっています。

エッチ系コミュニティにおいて男性がセフレを作るのは難しいですが、女性とっては男性はいくらでも代わりがいるもので、つまらなテレホンセックスをする男性は平気で切ります。それ以外に魅力があればいいのですが、それはセフレの必須ポイントではありませんよね。

とにかく単調なテレセックスやただ自分が気持ちよくなりたくて相手にエッチなことを言わせたり、質問ばっかりするのはNG。常に相手がどうされるのが好きかを聞いて調べておいたり、相手の好きそうなプレイを軽く試して探ってみたりしましょう。

飽きられず新しいことや女性の好きなことをしてくれる男性というのは女性にとって高ポイントなのでそういうセックスの気配りができる人がセフレを作りやすいんです。女性にとっても気持ちいいオナニーできる男性がいいのは当たり前ですからね。

面倒くさいと思うでしょうが、こんな便利なオナニー道具をキープするのって大変なんですよ。

自分にとって都合がいいだけの性処理道具に女性が喜んでなるわけはないんですね。ある程度男性側に努力は必要なのです。そこをわかってないでセフレが欲しいという人が「楽に作れるセフレの方法」のようなものにつられてしまうので気をつけてください。

完全無料のテレセクサイトを絶対に使ってはいけない理由

「無料 テレホンセックス」

テレセクサイトを探す時必ず一度は検索したキーワードだと思います。
有料テレホンクラブも無料体験がついていますが、検索する時の目的は”完全に無料”のテレフォンクラブだと思います。

しかし完全無料のテレフォンクラブは絶対使ってはいけません。

なぜならそういう所は「無料」という言葉に釣られた人達の情報を金に変えるからです。
まず登録する時にメルアドや電話番号を登録すると思います。

それが名簿としてそこを運営している人の関連会社やスパム業者に売り飛ばすからなんです。実際に一度やってみればわかりますが登録したら即日スパムが何十通もきたり、ひどい所では使ったこともないアダルトサイトから法外な利用料金を請求してくるメールが来るでしょう。

しかも電話番号を登録していたら直接電話でおっかないお兄さんがお話しにきます…

その上完全無料のサイトは女性と絶対繋がらない。

基本こういうサイトはサイト嬢でプロフィールを載せたり、伝言メッセージや掲示板でやりとりすると思いますが、そこを使っているのは全て女性の振りをした業者です。

テレクラは女性集めが第一ですが、完全無料サイトは名簿集めのための捨てサイトなのでそんな面倒なことはしないんです。だから女性が全くいない。

だって男は検索でそういう無料テレセクを見つけるでしょうが、女性はココに辿り着く前に女性は無料で使えるちゃんとしたテレフォンクラブにたどり着いちゃいますから。

女性はちゃんとした有料テレクラが無料で使えるんだから完全無料の使いにくいところを使う人が少ないんです。

テレクラの無料体験はただ遊ぶだけなのは勿体ない!?

テレフォンクラブには新規登録した人に高額の無料体験ポイントがついてきます。
その無料Pをつかってテレホンセックスしてタダで遊ぶのもいいんですが、それでテレセにハマッた場合、その後も色々なサイトの無料体験で遊びつくすと思います。

その時ただテレホンセックスして満足してませんか?

テレセにハマった人は無料体験である程度遊んだあとはどこかのテレクラでお金を払って遊ぶと思います。しかしもしそのお金を払ったテレクラがハズレだったり、自分には合わなかったとしたら…?
その時のために無料分でチェックしておくとテレクラ選びを間違うことがありません。

■チェック1…よく遊ぶ時間帯に使う。

まず自分の生活スタイルに合わせてテレクラを遊びそうな時間に利用してみましょう。
そうすればその時間帯にそのテレフォンクラブにどれだけ女性がいるのか判るのでお金を払った後で「この時間に全然人がいない!」ということがなくなります。

■チェック2…年齢層を調べる

人妻好きや同年代、年下など女性の好みがあると思います。
なので無料時間で1人とじっくり遊ぶよりできるだけそのテレクラの女性層をチェックしておきましょう。1人としか遊ばずにその1人が好みの女性層だったとしても他の女性も同じタイプとは限りません。

この2つを調べることをお勧めします。
お金を払って遊ぶならできるだけ自分にあったところを使いたいのが心情。
ただ闇雲にタダで遊ぶだけよりも先を見据えて使うとはかどりますよ。

テレクラでテレセフレの作り方のポイント

テレホンセックスといえばテレクラでしょう。テレセフレを作るのもやはり同じ目的が多い場所で探すのが一番ということで今回はテレフォンクラブでのテレセフレを作るときのポイントなんかを。

テレクラで女性と話していると「お金勿体ないから携帯にかけ直して」や「ケーバン教えて」なんて言ってくる男性が多いそうですが基本的に女性はフリーダイヤルで遊んでいるので我々と違ってお金はかかりません。だからそう簡単には番号なんて教えてくれないんですね。そもそもタダ電で遊んでるのに男の携帯にかけ直してお金かける女性はほぼいません。せめてコレクトコールくらい持ってよって女性は思っているそうです^^;

だからテレセフレを作るのは絶対にお金の問題を引き合いに出してはいけない。むしろ相性で気に入ってもらうしかありません。
セフレにしやすいポイントは「共通の趣味」次が「テルエッチの相性」その次に「話のノリが会う」の順番に簡単です。

だからまず趣味の話題を出すのがベスト。話が盛り上がるしあっちが欲しがる情報をこっちが知ってればもうGET同然。そしてテレセの時は自分勝手なプレイじゃなく、いつもどういうプレイをしてるのか、どんなプレイが好きかなど最初の雑談で引き出しましょう。会話のつなぎにもなるし自然にエッチに持って行きやすくなるのでセフレ作りにしなくても便利なトークです。話のノリが会うはもう人生経験でしか通用しないので人それぞれになります。

そしてこれらの武器で女性に興味を持ってもらったと思ったら「またキミとしたい」とアピール。ケーバンを聞くよりはフリーメール、スカイプやlineのようないつでも切れる連絡手段を提示すると女性側も安心感が増します。セフレ作りのコツは女性側に逃げやすい条件で繋がること。直接会うのと違って電話越しだからこうすることで女性は「まあいつでも切れるし軽い付き合い程度でも」と思ってくれるので成功率はグンとあがります。

軽い関係こそがセフレの最大のポイントですね。

テレフォンセックスのサクラはどこまでやらせてくれるか?

テレクラでテレセをやる際に切っても切り離せないのがサクラや業者。これは運営側が賑やかしのために雇っているのですが、実はツーショットダイヤルコーナーだけでなくテレフォンセックスコーナーにもサクラがいます。ツーショットダイヤルに関してはサクラの見分け方はネットに沢山点在しているのでわかりやすいのですがテレフォンセックスのサクラってデメリットがないんです。
むしろ素人女性よりもテレエッチで好き放題やらせてくれる。男性を怒らせず従順に従って長時間会話してほしいですからねw

ツーショットダイアルはサクラは出会えないし番号を教えることもできないけどテレフォンセックスにおいてはNG行為がないからです。「会おうよ」といっても素人だってテレフォンセックスコーナーにいるような女性は出会いを求めてませんから一緒なんですね。そして電話でエッチするのはNG行為じゃないので最後までやってくれます。

ぶっちゃけていえば素人のテレセクよりも過激。サクラはマニュアルを熟読して男性に長く電話してもらうために道具やローションを完備していてプレイも淫乱そのもの。テレホンセックスのプロといっていいでしょう。裏話として彼女たちは淫水の音をローションやスライムなど粘液質のものでグチャグチャ音をだして聞かせています。冷静に考えるとそんな音はでないのだけどオナニー中の興奮状態だとそんな頭はなくエロいエッセンスになります。演出として効果をつけているんです。SMテレフォンセックスやマニア向けのテレセクサイトではすごい子になると放尿音を聞かせたり放屁や本当にスパンキングしていたりする子もいます。

テレセサイトのサクラは電話で姿が見えないのもあって過激なプレイが天井知らずなんですね。

こうしてみるとサクラも一概に悪いとは言えないと思います。むしろ変態プレイ好きには素人よりもありがたい。だって彼女たちも仕事とはいえOLや大学の片手間だったりする素人ですからw
そんな彼女たちを好き放題できるなんて最高じゃないですかねw

テレフォンセックスフレンドを作ろう

sehureテレフォンセックスをする人にとって一番の難関が相手探し。LINE掲示板やネットでは今空前のネットナンパブーム。その波にのってうまく知りあえた女の子と仲良くなってテレセクしたいというのが男の性。しかし仲良くなった女の子に「テレセクしよう」と言うとドン引きされるか距離を置かれることがほとんどな現実があります。なぜなら女の子側はエロを求めていないから。全体数でみるとネットナンパで上手くテレセクできてる人ってそんなにいないんです。

トークテクを磨いてその気がない女の子をその気にさせるのもいいですが、一番手っ取り早いのが「女の子側もエロ目的で集まっているアダルトコミュニティ」を探すのが近道です。「アダルトコミュニティは有料だから」と触る前に敬遠されがちですが、実際には無料で遊べるサービス付きのテレフォンセックスサイトもいくつかあります。短くても10分20分、多いところで1時間遊べるサイトというのがいくつもあります。一時間使うと余程の遅漏でもない限り二発はイケますし、出会い目的のナンパでもアポが何件かとれてしまいます。無料体験分で色んなテレセクサイトを渡り歩いて、その中でテレセク用セフレに口説けばあとは好きにテレホンセックスできるので相手探しにうってつけなんですね。